キタキツネ.jpg

About me

いつの頃だろう。山で夢中になって遊んでいて気がついたら夜になっていたのは。1人でいるのが好きで周りからはおとなしいけど少し不思議な子供と思われていた。自然の中では人の事は気にしなくて良かった。自然は淡々と時間が過ぎていく。それが心地よく当たり前のように自然や野生動物に夢中になっていった。

 

ある日のこと、撮った写真を見返していると一枚の写真に目が止まった。
キタキツネが道路の真ん中でこちらをじっと見つめている。ただそれだけの写真。

みた瞬間に心の奥底が騒ぎ初め、涙が出てきて脳みその奥から何かが沸き上がる不思議な感覚になった。野生動物たちには意思があり、神々しさを感じる事ができた。

もう一度静かに深呼吸をしてその写真を見つめてみた。

初めて野生動物と対峙したとき、嬉しくてようやく自然の世界に招き入れてくれた感動を思い出した。間違いなくその時お互いに同じ世界に存在し、今を生きている同じ生命体として対等なのを感じた。

プロフィール.JPG
石鎚山.jpg